ボディソープを変えるだけで体臭対策ができる

スメルハラスメント予防

入浴

臭いに敏感な人が増えてる

一口に臭いと言っても汗の臭いや足の臭い、ワギガ、口臭などといった身体から発生する臭いはもちろん香水や柔軟剤、整髪料などといった人工的な臭いなど様々です。そしてこれらの臭いによって他人に不愉快な思いをさせてしまうことを、スメルハラスメントと言い社会問題になっています。それでは自分がスメルハラスメントの加害者にならないための体臭対策はどのようなものがあるか説明していきます。まず香水や柔軟剤、整髪料などの人工的な臭いに関しては、使用料を減らしたり無香料の商品を使用することで対策を取ることができます。問題なのは身体から発生する体臭対策です。体臭の場合、自分で気づいていないことが多い上、他人が指摘しにくいので自覚することが重要なポイントとなります。自覚する方法として汗の臭いや足の臭い、ワキガなどは身につけていた下着や洋服の臭いを嗅ぐ、口臭はコップに息を吐き臭いを嗅ぐなど手軽に調べることができます。その他に家族など信頼できる人に臭いを嗅いでもらい確かめてもらうことも良い方法です。そして自分に体臭があると分かったら早めに体臭対策を行うことをオススメします。具体的な体臭対策の方法として汗の臭いや足の臭いなどはこまめに下着を取り替えたりボディソープでよく洗うことです。ワキガは普通のボディソープでは効果が期待できませんので、殺菌効果の高いボディソープの使用が効果的です。特にタンニンが多く含まれているボディソープがオススメです。臭いを断ち切るためにも、清潔さは必要不可欠だといえます。ボディソープで日ごろからマメに清潔さを保つことが重要です。最後に口臭は、虫歯や歯周病など口腔内の問題や鼻の病気、内臓の病気などでも発生するので病院で診察してもらい原因を知ることが大切です。