ボディソープを変えるだけで体臭対策ができる

体臭の発生を防ぐため

ボディソープ

殺菌作用や保湿効果

体臭の原因の多くは、肌から分泌される皮脂と汗、そして雑菌にあります。雑菌は皮脂と汗とを分解するのですが、その過程で不快な匂いを発する成分が作り出されます。これが増えるにつれて、体からは強い体臭が放たれるようになるのです。そのため昨今では、多くの人が体臭対策として、殺菌作用のあるボディソープを使用しています。入浴時にそのボディソープで全身を洗えば、肌表面の皮脂や汗と一緒に雑菌も除去されるため、体臭は生じにくくなるのです。しかも体質にもよりますが、ボディソープの使用後は、雑菌の繁殖しにくい状態が数時間続くことになります。その間に皮脂や汗が分泌されたとしても、分解は盛んには行われません。つまり長時間の体臭対策ができるということですから、その点でもボディソープは評価されています。またボディソープの中には、皮脂の分泌を抑える保湿成分が配合されているものもあり、それを使用した場合は、さらに効率の良い体臭対策が可能となります。もちろん保湿効果によって、潤った滑らかな肌になるという効果も期待できます。加えて、ハーブエキスやローズオイルが配合されたボディソープもあり、使用後には肌からは、それらの爽やかな香りが放たれるようになります。不快な匂いが打ち消されるので、二重の体臭対策になると言えます。さらには、クリーミーで泡立ちが良いので、耳の後ろや足の指の間、デリケートゾーンなどにもスムーズに塗り広げることができるというメリットもあります。