ボディソープを変えるだけで体臭対策ができる

より良い効果は知識から

タオルとソープ

消臭と雑菌対策がポイント

カラダから発せられるニオイは自然現象であるため、他人から非難されるべきものではないといえます。だからといって放置するのは、周囲の人だけでなく本人も不快に感じるため、ボディソープといった体臭対策が必要です。体臭対策のボディソープは、自己満足で終わるケア用品ではありませんので、まずはニオイの原因と効果を理解しておくべきでしょう。明確にすることでより良い対策が立てやすくなり、ムダな費用の発生も抑えられるからです。ワキや足とデリケートゾーンのように、体臭の発生場所はいくつかありますが、多くの場合は汗(汗腺)と雑菌が原因となっています。体臭対策のボディソープは、強いニオイの汗を洗い流すだけではなく、雑菌を抑制する力が備えられているのです。例えば、自然の成分からは柿渋と呼ばれるカキタンニン、同じく緑茶・甘茶など植物エキス配合、このほか殺菌力を高めたボディソープも選択できます。いずれもボディソープとして利用できるように加工されていますので、食品のまま転用しても効果は得られません。肌に対する刺激や洗浄力も考慮されていることから、体臭対策は専用のボディソープが最適です。年齢が関係する加齢臭も体臭のひとつですが、皮膚表面の酸化した脂質・ノネナールが原因であるため、ワキガといった汗腺タイプとは異なります。しかし、体臭対策のボディソープは、植物エキスを中心とした成分が効果を発揮し、加齢臭を含めた幅広いニオイに対応しているのです。

身体の嫌な臭いを絶つ

体臭対策としてボディソープを選ぶときに注意する事があります。臭いの元となる雑菌の殺菌作用があり、肌を乾燥しすぎることのないように保湿力のあるものを選ぶ事が大切です。また、安全性と消臭力の高いボディソープを選ぶ事が大事です。

体臭の発生を防ぐため

体臭は、雑菌が皮脂や汗を分解することが原因となっています。そのため体臭対策には、殺菌作用のあるボディソープの使用が効果的とされています。雑菌が繁殖しにくくなれば、体臭の発生も抑えられるのです。また皮脂の分泌を抑える保湿成分や、爽やかな香りを放つハーブエキスなどを配合したボディソープもあります。

スメルハラスメント予防

近年社会問題になっているスメルハラスメントとは、臭いによって他人に不愉快な思いをさせてしまうことで、体臭はもちろん香水などの人工的なニオイも含まれます。体臭対策としてボディソープでよく体を洗うこと、特にワキガはタンニンが含まれている商品が効果的です。口臭は病院での診察で原因を知ることが重要です。